FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:レメディー

俺はアージニットな性格でもある。

続きを読む »

スポンサーサイト

タグ : ホメオパシー レメディー アージニット

DATE: CATEGORY:レメディー

ホメオパシーと病気の原因(←前回の記事)



アナカーディアムというレメディーがある。




このレメディーの最大の
特徴とも言える精神的な兆候が
心に2つの自己(意志)が
存在しているというところ。




例えば俺は今働きもせず
毎日フラフラしてる。




働かなきゃいけない、
仕事を見つけないと言う事を
きちんと自覚して探しているけど
心の中には




「働かなきゃって解ってるけど、
やっぱり自信はないし、
大丈夫かな、不安だな・・」




って思っているもう
1人の俺がいたりする。




このように
アナカーディアムというのは
「やらないといけない」
という気持ちもありつつ
「本当はやりたくない」
みたいな気持ちもあるというように
自分の中に両極端に相対する
2つの自己(意志)が
存在する場合に適合する。




この両極端に相対する
2つの自己が同程度の強さで
存在するために心に葛藤が
生まれてしまうのだが、




この葛藤が原因で自分の
やるべきことがなかなか
達成されないと葛藤は
激しくなり




「自分はダメな人間だ・・・」




というような劣等感が生まれる。




そして劣等感が強くなると
精神状態にもよるけど




「俺なんか死ねばいいのに」




みたいな自虐的な思考が
働いてしまうことがある。




2つの自己が同程度の
強さで存在するアナカーディアム
の人というのは角度を変えて
見れば単に判断力が欠けて
優柔不断な感じだけど、




アナカーディアムの人が
「やることはやる!」
というふうに何かを
決断するならもう一つの自己を
抑圧しなくてはいけないため
精神的にはギガントしんどい
ものだったりする。




もう1人の自分を
抑圧しなくてはいけないことが
原因なんだと思うのだけれど
アナカーディアムの人は頭を
締め付けられるような頭痛や
体の穴という穴に栓をされたような
痛みや感覚が生じてくる。




アナカーディアムの人は
天使と悪魔とも言った感じに
機嫌の良い穏やかなときもあれば、
ときにとんでもない悪態を
ついて平気な顔をしたり
残虐な感じになったり
するときもあるけど、




アナカーディアムが
悪態をついたりするのは
自分の劣等感を取り払いたくて
自分の中で必死にもがいている
証拠なのだと俺は思うよ。




本当はいい奴で、
そんこと言ってはいけないと
解っていても言わなきゃ
いけないと感じてしまったり
必死に自分と戦っているって
いうか葛藤が起こっている
証拠なんだ。




アナカーディアムは
生きにくくてもがいている人の
レメディーだと思うよ。




生きにくいと感じるのも
現代の生きにくい社会が
背景にあるように感じる。




栓をされてような感覚も
言い換えれば、生きにくくて息が
詰まってるってことなんじゃ
ないかな。




こんな生きにくい
世の中だからこそホメオパシーが
必要だ。

タグ : ホメオパシー レメディー アナカーディアム

DATE: CATEGORY:レメディー

http://homeopathiestreet.blog103.fc2.com/blog-entry-113.html(←前回の記事)



ベラドーナっていうレメディーの話。




ベラドーナの大きな特徴は
血液の流れが早くなり過ぎることが
原因で起こる高熱と散瞳って
いうのかな、瞳孔が開いて目が
ウルウルするやつ。




あと顔が真っ赤になる
顔面紅潮と激しい頭痛。




ベラドーナの高熱は
急性であることが多く突然に
高熱を発症して頭がズキズキ
痛くなったりする。




その頭痛は脈打つように
ズキズキと痛み、感覚的にも
異常なぐらい過敏になって、




小さな音や隙間から漏れる
僅かな光にさえも反応し、
ときに激しく怒り狂ったり人を
殴りたいとか噛み付きたいとさえ
感じることがある。




熱が悪化すると譫妄状態となって
幻覚を見て叫び声をあげたり
する事がある。




精神的には怒りっぽく
気難しい感じになっていて
自分を出さずに表面的な
感じでしかない。




ホメオパシーinJapanに
書いてあったのだけれど現代人は
ベラドーナシンドロームで
表面的な付き合いしかしようとせずに
仮面を作ってしまうそうだ。




そしてその仮面を取り外そうと
ベラドーナの高熱が出ているように
感じると書いてあったなぁ~。




そう言われれば確かに
そんな気がするよ。




表面的な人付き合いしか
できないというのは現代社会を
象徴する大きな特徴でもあるね。




誰もが生きにくい現代社会で
必死に生き残ろうとしていて
人付き合いだって「これでいいんだよ」と
言わんばかりにあくまで表面的で
終わらせてるのが当たり前だったりする。




俺だって社会では
いつもそうだった。




でもそんなのは本当の
人付き合いとは言えない。




人付き合いと言っても明らかに
何かが違うということに
気が付いてほしい。




ベラドーナの原料は
デッドリーナイトシェイドという
植物で、この植物は
猛毒を持った毒草なのだ。




命に関わるほどの毒があるため
中世ヨーロッパでは
デッドリーナイトシェイドには
魔力があり魔女はその力で
空を飛ぶのだと
言われていたらしい。




(ホメオパシーinJapanでは
セイヨウハシリドコロっていう
植物が原料となる植物の名前に
なってるみたいだけど多分同じ物。)




現代人にかけられた魔法を解くためには
ベラドーナのレメディーが必要だ。

タグ : ホメオパシー レメディー ベラドーナ

DATE: CATEGORY:レメディー

http://homeopathiestreet.blog103.fc2.com/blog-entry-96.html(←前回の記事)




アーセニカムっていうレメディーの話。




アーセニカムの最も大きな特徴は
死ぬ事への異常なまでの恐怖で




「死にたくない!死んでたまるか!
俺は絶対に死なんぞー!!」




って感じの今世への
異常なまでの執着心。




とにかく健康に対する不安が
常にあり些細な事で自分は
癌なのではないだろうか、
死んでしまうのではないかという
不安に陥ってしまう。




死に対する恐怖と
今世への執着が強いあまり
些細な出来事にも敏感に
神経質に反応したりして、




少しでも自分を脅かす何かが
そこにあれば直ちに排除しなくて
はいけないという気になる。




何があっても生きてやろうという
強い想いが結果的に体に
癌細胞を生み出してしまう
可能性を作ってしまう。




身体や病気の問題で言えば
アーセニカムは食中毒の
No.1レメディーでもあり他に
下痢、嘔吐、胃腸炎などが
大きな特徴だったりする。




体格は痩せ過ぎた感じで
体が冷たく疲労して体力はないが
落ち着きがなく不安。




予防接種の害や薬害にも適合。




死んでも死に切れない性格の
アーセニカムだけどさ、




やっぱり人間は生まれたからには
いつかは死んでしまうものなんだ。




どんなに優れた健康法を
実践したとしても、どんなに
ホメオパシー的に生きたとしても
人間はいつかは死んでしまう。




死に切れないからと言って
死んだ後に化けて出てこられても
困るし、きちんと成仏しなくてはいけない。




「生まれたからにはいつかは死ぬ」




という事実を受け止められるだけの強さを
アーセニカムのレメディーが
きっとくれるはずだ。




成仏したら、来世でまた会おう!

タグ : ホメオパシー レメディー アーセニカム

DATE: CATEGORY:レメディー

http://homeopathiestreet.blog103.fc2.com/blog-entry-95.html(←前回の記事)




アコナイトっていうレメディーの話。




アコナイトは事故のショックや
パニックのNo.1レメディーで
事故や大きな災害とかの
衝撃的な出来事の直後なんかに、




そういう体験が心に
恐怖心みたいなトラウマを
作らないためにアコナイトの
レメディーで対処したりする。




事故のショックとかそういうことが
後々トラウマとして残ってしまうと
後々そういうトラウマが蘇ったり
強烈な恐怖心に襲われたりとかする。




ちょっとしたことにも敏感に
反応してトラウマのスイッチが
一度入ってしまうと、




とてつもない恐怖を感じて
「俺は死んでしまう!」
って自分の死を確信してしまうほど
パニックになってしまう。




恐怖心のトラウマを
残さないためにも早いうちに
アコナイトのレメディーで
対処しておくことが必要だったり
するわけなんだな。




身体的な問題で言うと
何の前触れも無く突然発症した
急性疾患とか、




また子供がかかってしまう
風邪や麻疹や水疱瘡といった
病気全般の出始めの
初期症状に適合する。




落ち着きが無く不安や
「死んでしまう」と思うほどの
恐怖心にさらされている感じの人は
アコナイト。




ちなみにアコナイトの原料は
猛毒のトリカブトで、
大昔どっかの国で狼を弓矢で
射殺すときに矢の先にトリカブトの
毒を塗ったりしてたことから、




トリカブトは
ウルフスベインとか呼ばれていたりも
するんだって。

タグ : ホメオパシー レメディー アコナイト


copyright © ホメオパシーストリート all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。